家電の消耗品・部品・買い替え検索コードとfx

自宅の不要家電高価買取しませんか?

料理初心者が知っておきたい料理の基本 切る

料理初心者なら知っておきたい料理の基本こんにちは、管理人のsinoです。料理初心者は、切ることから覚えましょう。きゅうりのスライスやキャベツの千切が基本にになります。どんだけ薄く切れるかが早く上手になる方法です。最初は、みんなぶ厚くしか切れません。よく言われる包丁を持つ反対の手は猫の手のように指を丸...

≫続きを読む

料理初心者が知っておきたい料理の基本 焼く

料理初心者なら知っておきたい料理の基本こんにちは管理人のsinoです。料理の初心者は、焼き方の基本を覚えましょう。焼くといってもいろいろありフライパンで焼いたり魚焼き機で焼いたり、蒸し焼きにしたりといろいろあります。今日は一番簡単なフライパンで上手に焼く方法をお話したいと思います。まずはじめにガスに...

≫続きを読む

卵の特徴・栄養

卵は、たんぱく質・脂質などのすぐれた給源であり、栄養価のきわめて高い食品です。このことは、卵がひなのふ化に必要な栄養分の全てを含んでいることを考えてみても、うなづけます。食用される卵には、鶏卵のほかにうずら・あひるなどの卵もあるが、わが国では食用卵の大部分は鶏卵です。日本の養鶏は食生活の向上と共に大...

≫続きを読む

キャベツの千切りは水にさらす

トンカツなど、肉料理の付け合わせと言えばキャベツの千切りです。ところが千切りしたキャベツは、切り口から水分がどんどん飛んでしまい、切り口が乾いて茶色っぽくなり、傷んでしなしなになってしまいます。そこでキャベツの千切りは、切ったらすぐに水にさらす。こうするとキャベツが水分を吸って膨らみ、よりシャキシャ...

≫続きを読む

ポーチドエッグの作り方

ポーチドエッグには塩と酢ポーチドエッグ(落とし卵)をつくるときには湯に塩と酢を加えると、白身が広がりすぎてしまうのを防いでくれます。新しい卵の場合は白身の濃厚卵白に弾力があるため、ある程度まとまってくれますが、古くなるにつれて弾力がなくなって広がってしまいます。そこで塩と酢を入れることで、たんぱく質...

≫続きを読む

魚の梅煮のレシピ

魚の臭い消しには梅干し魚の生臭さを取るには、酢を入れて煮るのも効果的ですが、梅干しを入れて煮るのもよい方法です。梅干しに含まれるクエン酸などの有機酸の効果で臭みがとれます。クエン酸は酢に含まれる有機酸の1つで、特に果実酢に多く含まれています。サバ、アジなど青身の魚の場合、特に生臭さが気になるという人...

≫続きを読む

血液サラサラになる玉ねぎを甘くする方法

タマネギを甘くするには?生タマネギの中には、辛味のもとになる硫黄化合物と、甘味成分の糖類(ショ糖、果糖、ブドウ糖など)の両方が含まれます。タマネギに含まれる糖類は、可食部100グラム当たり5〜7グラム、野菜のなかでは最も多い方と言えます。タマネギはよく熱を通すことで辛味成分が蒸散し、一方で甘味成分は...

≫続きを読む

漬物に使う塩の種類

漬け物には粗塩がいい漬け物に塩を使うときは、食卓塩や精製塩よりも、粗塩のほうがよいといわれています。粗塩には不純物である塩化マグネシウム(にがり)やその他の物質も含まれますが、なぜでしょう。塩で漬けた野菜は、時間がたつにつれて水分が引き出され、繊維組織が柔らかくなります。マグネシウムやカリウム分を含...

≫続きを読む

豆を煮る方法

豆を煮るときはびっくり水豆を煮ている最中に冷水を加えますが、この「びっくり水」を加えるタイミングは、普通は水が沸騰を始めて間もなくの頃。豆の約半量の冷水を加え、温度を50℃以下まで下げると効果があります。なぜ温度を下げるとよいのでしょうか。皮が固く、内部の子葉か柔らかいアズキは、びっくり水により表面...

≫続きを読む

みりんのすごい力

煮崩れを防ぎ、照り、つやを出すみりんみりんには肉や魚などの煮崩れを防ぐ働きがあります。これはみりんに含まれる糖類やアルコールが動物性食材の筋繊維の崩壊を抑制するためです。おかげで見た目が美しいだけではなく、食材の旨味成分を外に逃がさず調理することができます。またみりんに含まれる糖分は素材の表面に膜を...

≫続きを読む

甘酢あんの作り方と割合のレシピ

甘酢あんの作り方と割合のレシピ甘酢あんに合う材料は鶏肉の唐揚げやスペアリブ、肉団子です。揚げたてや焼きたての熱い状態であんをからめるのがコツです。甘酢あんを作る上での比率酢(大さじ4)砂糖(大さじ6)しょうゆ(大さじ2)中華のスープ(3分の2カップ)片栗粉(大さじ1)水(大さじ2)★調味料とスープは...

≫続きを読む

かたい肉をやわらかくしたい

かたい肉をやわらかくしたい肉は加熱するとかたくしまります。それはたんぱく質の結合組織が収縮するからです。やわらかくする方法はいくつかあって、すりおろした玉ねぎに1時間肉を漬け込む、すりつぶした果物もよく使われます。玉ねぎには肉の固くなった組織を分解してやわらかくする、たんぱく質分解酵素のプロテアーゼ...

≫続きを読む

煮物は火の通りが均一でないと美味しくないので、大きさを揃えて切りましょう。

煮物は火の通りが均一でないと美味しくないので、大きさを揃えて切りましょう。煮物は青菜類を除き、水(あるいはだし汁)から煮ていきます。複数の材料を煮る順番は、煮えにくいもの(ニンジンやサツマイモ)、じゃがいもや大根、肉類、あとは葉物などの順番で煮ていきます。美味しい煮物を作るには、それぞれの味を生かす...

≫続きを読む

ご飯を「釡返り」させない

ご飯を「釡返り」させない炊きあがったご飯の美味しさを保つためには自由水を蒸気として完全に逃がしてしまわなければいけません。炊きあがって蒸らし終わったら、ふたを開けてしゃもじで切るようにかき混ぜ、自由水である蒸気を逃がします。蒸らしの時間が長すぎて蒸気の逃げ場がないと、温度が下がることで水滴がたまり、...

≫続きを読む

あんかけの水溶き片栗粉は煮立った汁に入れる

あんかけの水溶き片栗粉は煮立った汁に入れるなめらかなあんかけに仕上げるには、片栗粉を20分程度水に浸しておき、水分をよく吸収させてから調理すると、なめらかに仕上がります。また、でんぷんがすぐに60℃以上に加熱されるように、汁をあらかじめ煮立てた中に加えると良いです。水溶き片栗粉を入れたら、一度沸騰さ...

≫続きを読む